功夫VS空手道

タイトル別

【公式情報】

型番:EXA-004
英語表記: THE KUNG FU VS KARATE CHAMP
言語切替:日本語、英語、中国語(簡体字/繁体字)、フランス語、スペイン語
プレイヤー人数:1-2
ジャンル:対戦格闘
画面: 横
メーカーJAE-LEE PRODUCTIONS
サウンド:DE WOLFE
稼働開始日:2020年3月
価格:169,800円前後 (2022/04/05価格改定)

exA公式サイト

最新バージョン Ver.1.0.5 (2022/09/17)

公式PV

【以下、本サイトによる解説】

製品仕様

ゲームエンジン:Unity
応答速度:4フレーム(Ver.1.0.4)

     2フレーム(Ver.1.0.5 +JVSダッシュ環境)

※遅延速度は本サイトの取材調査によるものです。環境やアップデートなどで差異が出る可能性がありますので、あくまで参考数値と捉えてください。

ROMキット同梱物

主なバージョンアップ履歴

Ver.1.0.5 (2022/09/17)
 全体アニメーション改善
 対戦ゲームバランス調整
 フリープレイ中のゲーム終了コマンドの長押し時間を15秒から3秒に変更
 exA本体のDIPスイッチ3番が利用可能に(画面反転設定)
 入力遅延が4フレームから2フレームへ改善 ※JVSダッシュのIO必須
 JVSダッシュ規格対応

概要及び登場の経緯

70年代~80年代のカンフー映画のスターをモチーフとした対戦格闘。コマンド入力は共通して簡単な作りとなっている。
元作品はSteamなどで販売されている「Shaolin vs Wutang」。
exA-Arcadia版は日本語リソースの追加、各部アーケード向けの調整などが行われている。

フライヤーなど配布物

フライヤー及び流通の注文書チラシが存在する。
(上段)フライヤーは両面印刷で裏面にはゲームの紹介など。
(下段)注文書チラシは販売店や流通により各社のロゴや、裏面にも流通独自の記載有無など数種類が存在する

各種リンク先

・Steam版「Shaolin vs Wutang
・販売サイト
  BEEP 
  KVClab.
  WGC