アカとブルー タイプレボリューション

タイトル別

【公式情報】

型番:EXA-001
英語表記: AKA & BLUE TYPE-R
言語切替:日本語、英語
プレイヤー人数:1
ジャンル:シューティング
画面: 縦(おすすめ)・ 横

メーカー:株式会社タノシマス
サウンド:WASi303、佐藤豪
稼働開始日:2019年11月
価格:日本国内での個人向け販売は無し

   オペレーター向け価格 exAマザーとセット販売で500,000円(当時価格/終売)
   クラウドファンディング返礼品(マジックスパイス特別版 250,000円~)


exA公式サイト
飛び交う弾雨!噴き出す勲章!アーケードシューティングの物量限界に挑む!(公式サイトより引用)

最新バージョン Ver.1.2.0T (2021/12)

公式PV

【以下、本サイトによる解説】

製品仕様

ゲームエンジン:Unity
応答速度 2フレーム (Ver.1.2.0T)

縦画面推奨。横画面時は各キャラが左右に配置される。
ブラウン管筐体を想定した31KHz 4:3縦モードではゲーム画面のみが全画面表示となる。

バージョンによるFIX & 仕様変更

Ver. 1.0.8 国内初期バージョン
Ver. 1.1.0 海外初期バージョン
Ver. 1.2.0 バランス調整、バグ修正、入力遅延減少 (応答速度3フレーム)
Ver. 1.2.0MS クラウドファンディング版
Ver. 1.2.0T 入力遅延減少 (応答速度2フレーム)

概要及び登場の経緯

exA-Arcadia用第一弾ソフトとしてアーケード向けに2019年11月にリリースされた。
2020年3月6日より、マジックスパイス札幌本店にて特別バージョンとなる「アカとブルー タイプレボリューション Ver. MAGIC SPICE」がコラボ期間限定で設置された。
その後、2020年8月にオリジナルサウンドトラックCD製作のクラウドファンディングが実施され、返礼品として特別仕様のROM及びexA-ArcadiaマザーとROMセットが少数個人向けとして用意された。(「アカとブルー タイプレボリューション Ver.MAGIC SPICE ホームエディション」ROM10本、マザー+ROM10セットの合計20本)
クラウドファンディングでの返礼品は、フリープレイ専用にカスタマイズされたもので、コインオペレーションには対応しない。
2022年2月時点でもアーケード仕様と同一の製品は、日本国内では一般個人向けには販売されていない。

フライヤーなど配布物について

exA基板第一弾ソフトとして、JAEPOなどのイベントを中心に複数のフライヤーが配布された。
流通業者フライヤーは同じ絵柄でもサファリゲームズ扱い、ディストリビューター欄が空欄のものなど複数が存在する。

その他特記事項

本作は動画投稿、配信などについて著作側からのお願いにより、動画配信サイトでは国内アカウントによるプレイ動画などは一掃されている。
ロケーション稼働でのスコアアタックモードの配信に関しては、メーカーに事前申請することにより許可が行われた。

各種リンク先

『アカとブルー』の動画投稿・配信についてのお願い (公式サイト 前作スマートフォン版)
アカとブルータイプレボリューションオリジナルサウンドトラックCDの制作
 (クラウドファンディング 2020/08/10~2020/09/06)